品質環境方針

品質環境方針

基本理念

株式会社タカハラは、経営理念に基づき、企業を運営する事業活動において、地球環境の保全に貢献する取り組みを行い、お客様の信頼と満足を得る製品・技術・サービスを提供いたします。

基本方針

  1. 顧客満足度の向上および地球環境保全への貢献を実現するため、当社の統合マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 事業活動のすべての場面で、品質・環境に関連する法規制および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. 事業活動に関わる次の項目を、品質および環境マネジメントの重要課題として品質目標および環境目標を設定、展開し、定期的にレビューを行います。

重点課題

  1. プレス作業の標準化の推進(作業標準書)
  2. マルチに関係する新工法の開発
  3. 自動車関連以外の新規顧客の開拓
  4. 収集運搬に特化したマナー・コンプライアンスの強化(コロナ対策含)
  5. 東海3県のモノづくり現場をクリーンにしたい新規顧客の開拓

この方針は、すべての従業員に周知徹底するとともに、一般に公開します。

2020年8月19日
代表取締役 高原 道則

タカハラ  SDGs宣言

当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、
SDGsの達成に向けた取組みを行って行くことを宣言します。

基本方針

パートナーシップ

  • 「共栄共存」の理念のもと、お客様のお困り事を解決すべく展開する
  • グループ会社と共に、豊な社会・未来の実現に貢献してまいります。
具体的な取組み

地球環境の保全に貢献する取組みを行い、お客様の信頼と満足を得る製品・技術・サービスの提供、ISO14001の持続及び、ISO9001適応範囲の追加取得

環境への取組み

パートナーシップ

地球規模の環境保全を最重要改題であると認識し、汚染の予防や環境保全をすることが使命と考え、
統合マネジメントシステムの継続的改善を図り持続可能な環境保全に努めてまいります。

具体的な取組み

グループ会社リサイクル施設にて産業廃棄物のより細かい選別を図り、最終処分場へのゴミの減容化を図る

  • 全ての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任

ダイバーシティ経営の促進

パートナーシップ

あらゆる人が活躍する、働きやすい環境の整備をしてまいります。

具体的な取組み

多様な人材が活躍できる社内制度を設置、マナー講習・教育訓練の実施、インフルエンザ予防接種補助

  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 平和と公平をすべての人に

社会貢献

パートナーシップ

地域に根ざした企業活動を行い、様々な社会奉仕活動に積極的に参加してまいります。

具体的な取組み

主に工業高校により会社見学の場を提供、エコキャップ運動に参加、定期的な近隣清掃及び日光川清掃

  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

開催行事

安全大会

安全大会
安全大会
安全大会
2022 TAKAHARA.

TAKAHARA

TAKAHARA